チャップアップにはアルコールが含まれているからドライヤーがいらない!

育毛剤のチャップアップにはアルコール成分が含まれています。

主に使いやすさのために利用されていて、アルコールが含まれていることで水分が蒸発しやすく液だれを防ぐことができます。

チャップアップを使うときにドライヤーは必要だと思っている人もいますが、アルコール成分が含まれているので不要なのですね。

この記事では、チャップアップでドライヤーが必要な場面とそうではない場合の違いをご紹介いたします。

 

 

チャップアップでは基本的にドライヤーはいらないが……

チャップアップをただ使うだけならドライヤーは必要ありません。

ただし、時間がなくて急いで使いたいときや、お風呂あがりに使う時はドライヤーが必要です。

時間がないけれどチャップアップを毎日の日課なので使っておきたい。

そんな時にはドライヤーを使います。

ただ、ドライヤーを使うと成分が毛穴に浸透する前に蒸発してしまうこともあるので効果が低下する可能性があります。

できるならドライヤーは使わずそのまま放置して出かけるなど、乾くのを自然に任せるというのも考えてみてください。

 

一方で、お風呂あがりにチャップアップを使う時はドライヤーが必須です。

チャップアップはお風呂あがりに使うと一番効果が期待できます。

ただ、お風呂あがりに頭皮を自然乾燥させた後にチャップアップを使ってはいけません。

自然乾燥だと頭皮が長時間湿った状態になるため菌が繁殖します。

すると、フケやかゆみ、炎症や抜け毛などの原因となり頭皮環境を悪化させてしまいます。

頭皮環境が悪化すると育毛もはかどらないですよね。

お風呂あがりにチャップアップを使う時は、必ずドライヤーで頭皮全体をまんべんなく完全乾燥させてからチャップアップを使いましょう。

そうすればお風呂で血行が促進されていますし、毛穴が開いているためチャップアップの成分が浸透しやすくなり効果的に使うことができます。

完全乾燥させないと毛穴に溜まった水分のせいでチャップアップの成分の吸収が阻害されてしまいますので、ドライヤーはしっかりと当てましょう。

ちなみにドライヤー以外でも重要な育毛要素がありますので参考にしてみてください。